2006年07月17日

余部鉄橋

余部鉄橋 兵庫県にある日本一高いJRの鉄橋。今回訪れたのは何回目だろうか?広島に住んでいる頃から足を運んでいて今回がたぶん3回目か、4回目だ。
 なぜここにくるのか?それは自分でもはっきりした理由はわからない。はっきりしているのは惹かれる場所だということ。広島から行くにはもちろん日帰りなぞ難しく時間も体力もお金も使って、ただ橋を眺めて列車に乗って帰るだけだった。小さな喫茶店と民宿があるだけの小さな町だ。

 今回はJR餘部駅(駅名は餘部と書くのが正しいらしい)から東に2ついった香住駅(こちらは町名は香美が正しい?)まで普通列車に乗った。余部の町に車を置いて列車で往復する予定だった。定時は12時40分だったが餘部駅に入ってきたのは50分過ぎ。頻繁にダイヤが乱れる場所だから気にもしていなかったが・・・
 
香住駅に着いてわかったのだが自分が乗った列車はその日やっと運行した初めての便。しかも香住駅から西へ戻る列車は来る見込みが全くたたない・・・。バスも2時間近く待たねばならず、仕方なくJRで190円の区間をタクシーで2400円あまりかけて余部の町に戻る。
 

そんな余部鉄橋も今年中には取り壊しが始まるらしい。「定時性確保」のためにコンクリート橋に生まれ変わるらしい。余部鉄橋といえば列車の転落事故で知る人も多いと思うが実際に足を運んでみるとその美しい幾何学模様や周囲の青い空と海に溶けこんだ橋の姿に感動すると思う。

posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | お気に入り写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

宍道湖の夕焼け

県立美術館にて
宍道湖の夕焼けとミッフィー日没直後の宍道湖
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | お気に入り写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

夕焼け

一番の夕焼け
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | お気に入り写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。