2007年01月01日

明けましておめでとうございます

なかなか更新できていなくてすみません。今年も生協ショップ書籍コーナーをよろしくお願いします。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

タイヤの空気が抜けた自転車

 早いもので松江にやってきて半年を過ぎ今では自転車通勤にも慣れてきました。最近になって自転車のタイヤの空気が抜けてきました。「ペダルをこぐのが重いなぁ」と感じてきてタイヤを指で押してみた。うーん抜けてます。自転車の空気って少しずつ抜けていくから、なかなか意識しないけれど、いざ抜けているの気づくとペダルが重くて大変。朝、出勤するのにも体が重く感じられるし、夜、帰宅するのにも疲れが増すように感じる。毎日の暮らしも同じ。少しばかり元気がなく気持ちが沈んでいるとちょっとした疲れやいやなこと、心配事が実態の何倍も重く感じられます。
 空気って色もなく目に見えず、でも絶えず身の回りに意識もしないくらいたくさんあるのに自転車のチューブに入っているだけで役に立つんですね。

 ちょっと空気が抜けてきたかなぁ−とそんな風に感じる−そんなときはちょっと一休み、んでもって空気ポンプでタイヤに空気を入れて−また明日から軽快に走ることができます。

posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

生協てすごいですぅ・・。

手前味噌でも何でもないのですが、表題はアルバイトの学生さんの言葉。
 
 今日、アルバイトの学生さんと雑談していて黒いつづり紐の便利な片付け方を教え、それがどうも魔術のように思えたらしく、引田天功さんの話になり、実は先代の引田天功さんは男だという話になり−また驚き・・・そうして話しているうちにアルバイトさんが「生協てすごいですぅ・・。」と。私「生協がすごいんじゃないよ。すごいとすれば大学生協には君たちみたいな人があつまってくる。それは生協が"共同体”だから。すごいとすれば、そことこ。僕も毎日、他の職員さんや学生さんから学ぶことがたくさんあって”すごいなぁー、よかったなぁー”と過ごしてるよ」と。
 
 さて人が集まるだけでは・・烏合の衆といわれないように大学生協の価値を伝え、広め、高めていかないといけませんね。自分の職責に照らしたとき、まずみなさんにわかりやすいもの−それは本の売り場なんでしょう。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

日本海をたどる旅

夏休みは8月12日〜20日までたっぷりお休みをいただきました。(ごめんなさい)
 私は実家が九州の島なので帰省は毎年、夏は帰省します。(長男坊なので15日には必ずお経を聞いて精霊流し&花火大会に顔を出すのがお決まりパターンというか半義務)
 せっかく九州まで行くのだから15日の前後には必ず旅行をくっつけてます。そんなパターンだから南は九州の鹿児島まで、九州へ渡る橋やフェリーを使って四国もほぼすべて回りました。今年は松江にやってきてはじめての夏休みでしたので長年の夢のひとつをかなえるチャンスでした。
 それは国道9号線をずっと走って日本海沿いを九州まで走り続けること。
 正確には国道9号線を全部走ったら日本海沿いに下関まではいけないのですが・・。(益田からは9号線でなくなる)13日の朝、松江を発ち、一日230-270キロずつ走り14日に博多入りするまでただひたすら愛車で走っていました。途中、宿泊したのでは萩市。なぜ真夏に萩?・・萩にはどうしても寄りたい理由がありました。それは6年前に萩のとある窯元で購入した湯のみを買い換えるため。その他にも広島時代に山陰に来たときに訪れた懐かしい場所−きらら多岐(シーフードたこ焼き)江津(都野津の海岸)温泉津(母親を湯治に連れてきた)青海島・仙崎(魚コロッケは食べれず)角島大橋(ここは映画「4日間の奇跡」のロケ地にもなり、いつのまにか超有名な観光地になってた)など。
 こんなことかいても「へぇ?」ぐらいの反応なんでしょうが・・私にとってはスンゴイこだわりのある場所や時間で、それはいつまでも大切にしておきたいなと。
 他人にはなんともないありふれた景色でも、どににでもあるようなお店でも私には何度も訪れたい、特別な場所が日本海沿いには連なっています。仙崎に記念館がある金子みすず の詩を借りれば
 
  「見えぬものでも、あるんだよ」 「みんな違ってみんないい」ってとこでしょうか?
 
九州の実家に帰ったあと、夏休み後半戦は湯布院・別府など西九州を少し回って広島に。広島では久しぶりに友人とも会って楽しいゆったりとした時間をすごしました。
 
なかなかブログの日記も更新はできないですが、この旅の話題はこれからポチポチとアップしていきます。(というかここは日記がメインでないので控えめに・・)
 
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

米子「がいな祭り」

鹿島から島根半島を横断して最後は米子「がいな祭り」に行きました。7000発のj花火が1時間ほどであがり、なかなかのもんでした。人ごみ嫌いのわたしにとっては・・・快適。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ショップの本を入れ替えました

この土日は生協ショップの本を入れ替えました。壁際の専門書で「定番」と呼ばれる本で、人文分野(教育・社会・心理)と法律・経済・政治の分野の主に既刊の専門書です。大学生協では1年に一度、この「定番」を入れ替えます。この「定番」は常に1冊は在庫があり、売れると自動的に発注されます。そして一定の手配期間(4-7日)と経て入荷してきます。専門書ですから「読書の楽しみ」というよりは勉学研究生活のお手伝いといったものです。中には教科書に指定されている本も含まれていますから、試験前にアタフタと購入する方も「幸運」かもしれません。(ですが・・・教科書はきちんと受講が決まった時点で購入しましょうネ)
 
 この入れ替え作業、この土日に生協のパートさんアルバイトさんと一緒に一気におこない約2000冊の本が入れ替わりました。まだまた案内板がわかりにくかったりしますが、夏休み中にしっかり中身を吟味してわかりやすくしたいです。
 
土日の仕事でしたが、私はみんなでワイワイ、そしてキビキビと仕事をするほうが好きなので大勢のスタッフと作業して充実感いっぱいの土日でした。
 
次回は8月の初め、今度は理学書・工学書・コンピュータ書の入れ替えです。しっかり作業してしっかりお盆休みに入ります。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

それが私の心だ

今、話題になっている靖国参拝に関しての昭和天皇の言葉のメモ。1978年のA戦犯合祀以降、天皇自身が靖国参拝をおこなわなかった理由について述べられたことのメモ。なぜ参拝をしなくなったか話したうえで、その結びの言葉が
 
 「それが私の心だ」
 
この日記では靖国問題や天皇メモの内容はともかく結びの言葉として心に響いた言葉でした。何かと切々と訴えて、またはしみじみと心情を語って、「それが私の心だ」と結ぶことができたならやっぱりカッチョイイかなと。
posted by 島大生協 はせがわ at 13:26| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

大雨

日曜日から降り続いた大雨、周囲で大きな被害。昨日、月曜日には一畑電車が崩れてきた土砂に乗り上げ、各地で道路が冠水、土砂崩れも。
 
今日は連休明けの火曜日。間近に迫った週末の店舗の本の入れ替え準備が気になりながらも早めに帰宅。アルバイトの学生さんもこんな大雨の中、遅くまで残っていただくのは危険なのでお休みにする。
 
そうして帰宅したらマンションのすぐそばを流れる川が大幅に増水してる。こんな川際に住むのは高校まで住んでいた実家以来である・・。既に日は落ちているのではっきり見えるわけでないが道路から一段さがった所にある川岸の公園の遊具は水没しているのがわかる。マンションの部屋自体は3階なので部屋に水が流れ込むことはないだろうが川から道路1本をはさんで駐車場においている車は気になる。
 
幸いにも被害なく夜が明けたが、床についてからも何回も目が覚めてはNHKの字幕ニュースを眺めていた。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

人ごみ嫌い

金・土曜日と洋書の会議で京都に滞在。どこを歩くにも人が多くて疲れる。祇園祭に連休・・・というももあるが、私は特に人ごみが嫌い。昔っからとにかく人が多い所には行きたがらない。なぜかというと「ひとの顔を見てしまうから」だ。
 
電車で立っている人も、通りですれ違う人も、見るとはなしに顔を見てしまう。もちろんじっと見つめるわけでなく、目線や表情を見てしまう。それが地方都市で人が少ない場所ならそうでもないが、都会の駅やアーケード街などになると、少し歩くだけで目がグルグル回り消耗しきってしまう・・・。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

西瓜とアジシオ

今年はじめての西瓜を食べた。やっぱり西瓜のオトモはなんと言ってもアジシオ。
 
甘みと塩分、相反するものでも「組み合わせの妙」。
 
おいしくいただきました。
posted by 島大生協 はせがわ at 22:48| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

医療費未払い100億円

TVニュースで医療費の未払いが100億円を超えると報道されていた。やむを得ず支払ができない方もいるが、支払い能力があるにも関わらず支払をしないヒトもいるそうだ。病院のアンケートでも未払いの理由として「経済的な理由」が挙げられている一方で「モラルの低下」という理由もあるくらい。公の病院では主税局が回収にも乗り出しているそうであるが、なかなか思うようにいかず東京都では10億円を超える未払いがあるそうだ。このままでは病院経営を圧迫して医療の質も低下を招きかねないらしい。その一方で督促をすることで支払ができない病人が治療を敬遠してより病状を悪化させ医療費が高くなってしまうとの懸念を示していた医療関係者の言葉が印象的だった。我が家にも毎月送られてくる「医療費のお知らせ」にびっくりするほどうちの母親も病院通いが多いが・・・・これからのしかかってくるだろう高齢者医療(親も自分も含めて)の問題を考えると重い気持ちになった。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

NHKスペシャル「危機と闘う・テクノクライシス」

 今日は第2回「軍事転用の戦慄(りつ) ロボット」が放映されました。
 
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/060710.html
 
民生技術は諸刃の剣。100ドルほどで手に入るラジコンヘリの姿勢制御装置が弾道ミサイルに転用される(だからこそ輸出規制品目から落ちてしまう)事実にオドロキ。「あななたにも作れるミサイル」というようなホームページもあるらしい(作り方は最後まで公開されていないらしいが)これだとテポンドンなど軍事どころかテロリストやらも作ってしまいそうな。
 
 NHKのホームページでは「拡散そして軍事転用という新たな脅威にさらされるロボット技術の最前線を描き、危機を防ぐ道はあるのか、日本はどうすべきなのか考える」と書かれていたがこのところの湿度の高さに身体が疲れてるのか、エアコンにあたってるうちにウトウト・・・。
日本はどうすべきか?という大命題は記憶がなかった・・・。
 
続き
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

この土日は

県外から友人がやってきたので車で松江をご案内。松江といっても松江市内だけでなく海潮温泉、境港まで範囲を広げて・・・。普通の観光案内というより私のおススメ・グルメという感じでした。幸いも喜んでいただけたようです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

七夕お食事会

 今日は七夕でした。だからというわけではないですが職場のご夫婦を自宅にお招きしてお食事会。といっても唐揚げとかぼちゃサラダとおむすびといたって普通の晩ご飯です。おむすびは茶碗の数が足りなったという理由だったり。唐揚げは私が子どもの頃から食べている母直伝の味付けです。唐揚げというよりは竜田揚げなのですが前日からタレに漬け込んでいました。実は作る枚数を勘違いしていて、夕食会終了後に「なんか量が足りなかった??」と冷蔵庫の中をみて初めて勘違いに気づきました。4人なのに使ったお肉は2枚・・・。そもそもちょっと少な目にしようと3枚のつもりだったのですが。そりゃ足りませんわな。でも職場の方の奥様がご友人からいただいた手作りのチーズケーキを持ってくれていて助かりました。そのチーズケーキ、手作りだけに美味しいこと!美味しいこと! 

posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

夏休み準備

 長い夏休みに本を読んでもらおうと文庫本のコーナーを作りました。棚2つで各4段なのでざっと300冊ほど。"夏休み、ちょっと奮起して本をたくさん読んでもらいたい、そのためにはボリューム感がいるよな・・・"  「うわぁー どれを読もう、あれもこれも読みたいなぁ」と視覚で感じられるようにしたいなと思い・・気合入れてたくさん並べたくてちょっとつめて陳列してしまったので・・・。
 
閉店後にアルバイトの学生さんが「ハセガワさん、ちょっといいですか・・。これってつめすぎで見にくいです。もう少し棚と棚の間隔をあけられませんか」
 

 ハイ、確かにそうです。このままじゃ棚の前に立ったままだと下の方の段の書名が見にくい。棚から離れるか、身をかがめるか・・しないといけないです。生協の店舗で買いものをするひとはほとんど大人だから上からの開始位置をもう少し上げないといけませんね。こんな基本的なことを落としてしまってお恥ずかしい限り。

posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

司馬恥公さんからリンク希望

昨日、読書マラソンの参加者さんからリンクの希望がメールで届きました。で早速リンクをはりました。リンク先は右サイドバーにもありますが「司馬恥公の読んだ本」です。司馬恥公さんはもうすぐ100冊に到達する方です。今年4月に読書マラソンをもっと盛り上げたいなぁとお話ををして以来、私が教科書販売にかまけてなーんもできてなかったンです。それでも司馬恥公さんは自分のブログで「読書カード」のコメントを書いていらっしゃいました。司馬恥公さんのブログを読んで感激しましたし、このブログをあけた途端、早速のリンク希望。うれしいです。
 
本日 読書マラソンにエントリーした方にはメールを配信してこのブログの案内をしましたが、一人でも多くの方が参加されるのことを”テグスネ”引いてお持ちしてます。
posted by 島大生協 はせがわ at 20:29| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

中田英寿とまるごとウィンナー

サッカー選手の中田英寿が引退するそうだ。トンでもなくかっこいい引き際に感動した方も多いと思う。「新しい旅が始まる、旅とは人生だ」だそうでサッカーをは離れての今後の活躍も応援したい。
 
 その中田はお菓子メーカーの「東ハト」とCBO(執行役員)を結んでいたらしい。今日の報道によるとその「東ハト」が山崎製パンに買収された。今後、中田が山崎の「まるごとウィンナー」(人気の惣菜パン)と関係が出てくるかも知れない・・・・ひょっとしたら。僕の向かい側で仕事しているコンビニ担当の田村君がパンの企画かなにかで中田にかかわるかもと思うとなにやらわくわくしてしまった。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

小森陽一氏講演会に参加しました。

今日は島根大学で講師:小森 陽一 さん(東京大学大学院教授/九条の会事務局長)を招いて「憲法9条、未来をひらく〜広げよう!地域・職場の9条の会」と題して講演会が開かれ、専務・店長とともに参加してきました。もちろん小森氏の著書と憲法改正関連の本を集めて会場で即売しました。結果は約250名の参加者で約50冊の利用でした。
 
 もちろん講演内容そのものも個人的にたいへん有意義なお話で貴重な時間を過ごすことができました。憲法や教育基本法が前文を持つことの意味、各々の条文の中に、そして言葉ひとつに込められた思いや意味、その結びつきについて改めて考えさせれました。
 
特に「希求」という言葉に込められた思い、大事にしたいです。
 
そして老若男女、そして様々な地域の方々が参加して(たとえば益田9条の会、浜田9条の会、江津9条の会など島根県の市単位だけでなく・・・古志原(松江市内の町名)の9条の会など地域に根付く運動の広がりにも驚きました。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

雨降り

天気予報でも雨であったが朝、ベランダから空を眺めると晴れ間がのぞいていた。思い切って傘や合羽も持たずに自転車に乗って家をでた。
 
 が途中で雨が降り出し、これ以上濡れたら仕事する格好にならなくなると思い、コンビニで傘を購入。420円だ・・痛いな・・。そしてせっかく自転車で出勤したにも関わらず、コンビニからは傘をさして自転車を押して歩く。傘さし運転は条例違反ですしね。4月から罰則強化もされています。
 
 これで帰りも雨で自転車に乗れなかったら意味ねぇなぁ・・とこれを書きながら恨めしく窓の外を眺めている。先に出勤していた店長の弁では「こっちは朝から雨だったよ」とのこと。
 
山陰では「弁当忘れても傘を忘れるな」というのはホントです。それでなくても梅雨の時期に無謀だという声も聞こえてきそうですが・・。
posted by 島大生協 はせがわ at 11:06| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

黄泉比良坂(よもつひらさか)

雨の日曜日。たいした予定もなかったのでふと思い立ってもう10年以上も前に一度だけ訪れたことがある黄泉比良坂に行ってみた。以前、足を運んだときはその場所がなかなか見つからず、ようやくたどりいたが「えっ こんなものかい〜?」というくらいあっけない印象でしかなかった。今は国道9号線からわかりやすく看板もでているし、反対側の住宅地からも入ることができる。そんなこの場所も松江にやってきてあらためて来てみると新たな発見があった。イザナギノミコトの心中に思いを馳せるほどの高ぶりはなかったけれど神話のロマンをちょっぴり感じたひと時だった。
詳しくはこちら
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 島根 🌁| 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

団塊の世代前

聞くところによると「団塊の世代」がいっせいに定年退職を迎える、その退職金市場は試算によると80億円とか。その莫大な市場を狙って様々な企業が商品やサービスを考えているらしい。例えば同世代には井上陽水、小田和正やイーグルスとまだまだ活躍している、とギター教室に通いライブをしたりと。そうした団塊の世代の特徴は自分達の価値観に合うと一斉にそこに向かうが「これは俺達の価値観に合わない」と受け止めるとそっぽを向いてしまうらしい。
 
 僕の父は団塊の世代より少し前の生まれであったが7年前に亡くなってしまい今はいない。
 
退職金を貰って自分の老後を過ごす事もなかった父であった。どんな価値観を持っていたのか・・亡くなる前に聞いてみたかった。
posted by 島大生協 はせがわ at 21:54| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

レジ袋有料化

今日は先生・学生と生協職員が参加して生協の環境委員会が開かれました。その中で気になったことをひとつ。レジ袋が有料化される動きがあるってご存知ですか?環境的側面から考えると無駄に資源を使わないようにしなきゃいけない。使わずに済む資源は使わないでおこうってこと。これを否定する人はあまり多くはないと思う。でも「なんで有料にしないと控えることができないのかね・・お金取られるなら控えよう」て思っちゃいます。もちろんこうして回収した費用が環境のために使われたとしてもです。・・・これは色々なことに言えることですが「コトの本質を理解していても、その本質から離れた角度からアプローチをしない大多数のヒトは動かない」ってコトにも思えて少し寂しさを覚えるのですが。。
posted by 島大生協 はせがわ at 20:55| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

山陰地方

長いこと山陽地方に住んでたので最近ふと思ったこと。
 山陰って「陰」と「陽」でなんだか暗いイメージになっちゃいますね。「東北地方」があるのだから「西北地方」でもよかったんじゃない?とふと思いました。そう簡単に定着するものでないだろうから難しいのはわかりますが・・・。でも「西北地方」は「関東地方」より南に位置するのはなんか変?と考えてしまうのは、やはり関東中心にモノを考えてる?

posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

そこにはアリが棲んでいる

本とは全く関係ないがこんなやり取りに遭遇した。
 
生協で買ったPCの修理が直ったと連絡した学生さんがPCを受け取りに来た。
 
  私「○○さんですね。この通り修理完了しています。・・てぇっと 故障内容は・・。」
 
 修理受付伝票を見ながら絶句した。そこにはこう書いてあった。
 
 【症状】
 
 パソコンの中に蟻(あり)棲んでいる。
 
 それでもまじめにその症状を読み上げ、メーカーTさんがつけていた修理完了報告書の
 「修理内容」を確認して伝えようとするとそこにはこう書かれていた。
 
 【報告内容】

 「結果的に蟻さんはいませんでした」
 
そのクールなコメントに笑ってしまったのは言うまでもないが、メーカーTさんに笑いをとられたままではシャクなので
 
 「実はメーカーさんがアートさんに頼んで引越ししてもらたんじゃないかな
 
   とにかく 蟻さんがいなくなって安心してPCが使えてよかったね」
 
と言い放ってみたが学生さんには全くウケなかった。
 
 
posted by 島大生協 はせがわ at 19:32| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍担当者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。