2007年01月24日

「ムーン・パレス」ポール・オースター/新潮文庫

野木咲(13冊目/評価4)
主人公が自分の血脈の物語に意図せずして入り込んでいく感覚が肌で感じられる。肌理の中までもぐりこむような言葉と物語(作中作)に、なぜか村上春樹を見る気である。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Missing 11 座敷童の物語・完結編」甲田学人/メディア・ワークス

桜城(22冊目/評価5)
3冊にわたって書かれている「座敷童の物語」も、とうとう完結編。嬉しいような寂しいような…。だんだんと、この「Missing」という作品自体が結末を迎えようとしている感じがします。「座敷童の物語」自体は区切りがつくけれど、話はまだまだ続きそうな感じで終わります。新しい登場人物も出たりして。今回、ちょっとグロテスクな場面があり、表現も割りとストレートなのでドキッとはしますが、次へ次へと場面が展開されていくので、気持ち悪がっている暇はないようです。早く完結してほしいような、ほしくないような。世界観が好きです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

「伊達政宗 1」山岡荘八/光文社

梗耶(17冊目/評価3)
PS2ゲーム「戦国BASARA]でこの人にはまり、もっとよく知りたいと思って読み始めました。隻眼の戦国武将、「独眼竜」の名で有名ですよね。この人は、秀吉や家康と同時代に生まれていたら天下を取ったかもしれないと言われています。
周囲からものすごい期待をかけられて育てられ、父親に愛される代わりに母親から愛されず、少年から大人への試練、母親に毒殺されそうになったりと、戦国武将の青春時代は大波乱です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「卍(まんじ)」谷崎潤一郎/新潮文庫

野木咲(12冊目/評価3)
傍点や言葉の使い方を工夫して、生々しい大阪弁の世界を再構成している。ストーリーは、昭和3年にして女性同士の同性愛をとらえたものとなっているが、それよりも周囲の男性陣の言い分が異様に面白く、笑える。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

「うつくしい子ども」石田衣良/文春文庫

円利儀(9冊目/評価4)
主人公の弟が9歳の女児を絞殺。未成年の犯罪。逮捕の瞬間から、街に家族の居場所はなくなった。僕は闘う。自分のために、弟のために。そして夜の王子のために…。子の大きな事件をきっかけに自分自身を見つめ、大人になっていく僕の心の成長に感嘆した。最後まで結末の見えない面白さ、ぜひ一度読んでほしい。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「地下鉄(メトロ)に乗って」浅田次郎/講談社

F(9冊目/自分の父母が若いころは、どういう感じだったのか。もしも過去が違うものだったなら、自分はどうなるのか。考えたことはありますか?地下鉄に沿ってつながっていく人々の人生を見てください。自分自身の存在の運命や意味を、考えてください。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Missing 10 続・座敷童の物語」/甲田学人/メディア・ワークス

桜城(21冊目/評価5)
前巻に引き続き、「座敷童の物語」の中編。前巻ではクローゼットや部屋の中だけでとどまっていた「怪異」が、今巻では話のキーパーソン・圭子さんのかばんを伝って外の世界にも影響を与え始めます。手に汗握る話の展開。張り詰めた気を不意に抜いた瞬間、奴は後ろに立っていた…!みたいな、そういうドキドキ感が一冊中続きます。人間の”弱さ”にも触れ、話は少しずつ解決へと向かい始めます。しかし「怪異」を共に追ってきた”文芸部”の中にも亀裂が生じるなど、新たな問題が!目が離せません
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「デッドエンドの思い出」よしもとばなな/文藝春秋

円利儀(8冊目/評価3)
本当にしようと思っていたことが見つかる。そのことに気づけただけで幸せだなと思えた。この話は、恋をして、破れ、たくさんの人に出会う中で幸せの感じを見つけた一人の女の子の話です。読み終えると、自分なりの幸せの感じを見つけてみたくなるかも・
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ざらざら」川上弘美 /マガジンハウス

えび子(11冊目/評価4)
川上弘美さんの文章は、すごく知的で感情を的確に表現していて本当にすばらしい。絶対に彼女にしか生み出せないだろうと思える言い回しがいくつもあった。この本はたくさんの短編が集められているが、タイトルを眺めるだけでもワクワクしてくる。川上さんの中には「こうでなくてはならない」というルールみたいなものがなくて、本当に自由な気持ちで作品を書いているんだろうなと思った。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「長崎乱楽坂」吉田修一/新潮文庫

野木咲(11冊目/評価3)
「新潮」の書評にあるように、架空の家と人を巡る話であるが、そこには「むこう」と読者側とにラインが引かれている。区分されているのである。”家”というひとつの空間の中にある異次元が面白い。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

「旋風天戯〜出逢ってはいけないふたり〜」瀬川貴次/コバルト文庫

とりうさぎ(17冊目/評価2)
 
中華風のお話です。まだ第1巻目なので不明な点を多く残しつつ終わってしまったのですが、出てくるキャラクターがかなり個性的だと思いました。
posted by 島大生協 はせがわ at 13:02| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

「セーラー服と機関銃」赤川次郎/角川書店

u-ko(20冊目/評価4)
赤川氏の文章はすごーく読みやすい!!読書家になってやろうかなぁという読書家初心者にはうってつけです☆でも、途中で犯人が分かってしまってちょい鬱…。でもでも!最後は読めませんでした。是非どーぞ、楽しかったです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「疾走 上 」重松清/角川文庫

わん(3冊目/評価1)
同じ”ひとり”でも、自分から”独り"になるのと周りの人達からはじかれて”独り”になるのとでは意味が違う。どこにでも見られる、文字どおり平凡な家庭が崩れていく様が急ピッチで描かれていきました。意味のよく分からない伏線じみたことが書かれていて、後半が気になります。ただ、子供には勧められません。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「蝶々の纏足・風葬の教室」山田詠美/新潮社

u-ko(19冊目/評価5)
異様な雰囲気を放つ小説である。最初、恋愛モノかと思ったのに…!それよりもすごいドキドキの展開!ラストには血が引きました。すごい。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

「円地文子の源氏物語」円地文子/集英社

梗耶(7冊目/評価4)
「源氏物語」といえば誰もが一度は耳にし、中高で学ばれた人も多いでしょう。でもそれはきっと、54帖の中のほんの一部。全部なんて読めないというひとにオススメ。わかりやすい現代語訳、まわりくどくない心理描写。ややこしい儀式などは端折って簡潔に。各巻毎に人物関係図もついていて初心者にも大丈夫な本です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

「月冠の巫王」たつみや章/講談社

梗耶(4冊目/評価3)
ついに姿を見せた最大最悪の災厄。覚醒するポイシュマ。ムラの存続と世界の平和をかけて戦いに赴く。歴史の変わり目に必ず起こる戦い。幾多の犠牲の果てにあるのは平和な世の中か…。4さつにわたる古代ファンタジーの完結編。クニの邪悪な王との決戦がもっとも盛り上がるのですが、いつの時代も平和に生きている人々を脅かすのは悪い人間なんですよね。げにおそろしきは人間の心、真の災厄とは人間の行いかな。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イギリス政治はおもしろい」菊川智文 /PHP新書

anne(10冊目/評価3)
マニフェスト政治の本場、イギリス。明文化されていない憲法、格安の選挙費用、国民に身近な国会議員。政治家の不正はもちろん疑惑すら許さない国民の姿勢。イギリスの政治から私たちは何を学ぶべきなのか。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

「新よくわかる ISO環境法」鈴木敏央/ダイヤモンド社

anne(9冊目/評価2)
ISO14001〈環境マネジメントシステム〉。よく聞くけれど、どのような制度かについて、この本を読んで知りました。環境問題について興味がある人にはおすすめです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

「王宮ロマンス−姫君は自由に恋する」 藤原眞莉/集英社

桜城(9冊目/評価5)
この話は、やんちゃなお姫様が彼女のおしとやかな婚約者と織り成す恋物語です。彼の方は姫にべた惚れなのに、鈍感な姫が気付かない所がとてももどかしい!手が触れただけで真っ赤になっている彼を見て察して!姫!!むくわれない彼を見ていると、だんだん気の毒になってきます。…かわいそうに。姫よりも婚約者の方がよほど儚いので、敵方に囚われていばらで磔になっているのがとても絵になります。バラの花に埋もれているのも。普通は逆ですが。絵にひかれて読んだのですが、とても面白かったです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「君と会えたから… 」喜多川泰/Discover

空(3冊目/評価5)
すごくステキな本でした。将来何がやりたいかわからなくて困っている人は是非読んで欲しいと思います。本当にオススメの本です。何となく展開はよめちゃいましたが、教わることは多いと思います。私はこの本に出会えて本当に良かったと思っています。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「さくら」西加奈子 /小学館

u-ko(11冊目/評価5)
すっごくあたたかい作品でした。うん、すごくいいカンジ。やわらかい。家族、またそれぞれの話できっと泣くだろうな、と思って読んだ。やっぱり泣いた。でも気持ちよく泣ける。そんな本です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「キッチン」吉本ばなな/角川文庫

とも(5冊目/評価2)
この本にはキッチン、満月−キッチン2−、ムーンライト・シャドウの3話が入っています。オススメはキッチン。主人公にとってのキッチンとは、私にとっては何かなぁと考えさせられるお話です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「町長選挙」奥田英朗/文藝春秋

めんぼう1/5(7冊目/評価5)
フィクションだけど、悩みを抱える人々はどこかで見たような人達です。モデルになったのはあの人かな〜とか考えながら読みました。
かなり変人の神経科医は、言ってることもやってることもむちゃくちゃです。でも、そんな彼がいつのまにか悩みを抱える人達にある影響を与えて…。一言で言うと、その悩みが「ばからしく」なっちゃう。この医者のすごい所は、それが全く計算じゃない所。ある意味努力知らずの天然天才神経科医の痛快??物語です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「死神の精度」伊坂幸太郎/文藝春秋

とも(4冊目/評価4)
主人公が死神、という面白い小説。伊坂氏らしい軽い文章がとても読みやすく、また巧妙なプロットが飽きさせない短編集。大注目の作家のうちの一人で、読むたびに新しい面白さが見つかる不思議な作家さんです。オススメです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

「絡新婦の理」京極夏彦/講談社

梗耶(3冊目/評価3)
現在発売中の京極堂シリーズの中でも、一、二を争うくらいのぶ厚さです。これを読み終えたら、大抵の本はかわいく思えます。
この事件はまるで蜘蛛の巣、一度乗ったらどんなにあがこうともすべては蜘蛛の手の内。京極堂は中心の女郎蜘蛛へ辿り着けるのか。男女差別問題の歴史も京極堂が語ってくれます。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎/祥伝社

雇われ兵士(25冊目/評価4)
「陽気なギャングが地球を回す」の続編です。前半は4人の主人公のそれぞれの短い話があって、後半は、前半でバラバラだった話が絡んで1つの話に繋がっていきます。とにかく会話が笑える楽しい作品です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「闇の底」薬丸岳/ 講談社

司馬恥公(115冊目/評価3)
昨年「天使のナイフ」で江戸川乱歩賞を受賞された方ですが、この著者は事件における被害者の身内と犯罪者との関係における負の部分がよく現れている。この本はちょっとエグイところはありますが、少女に対する再犯と司法の対応など、見る立場が違えば答えも変わってくる問題。この狭間で、「完全犯罪」を行う犯人と、それを取り締まる警察の葛藤がよく描かれている。結末に至る大転回も…
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

「東亰異聞」小野不由美/新潮文庫

梗耶(2冊目/評価4)
明治になって文明開化といっても、まだまだ夜は暗く、妖しきモノが跋扈しています。ヒトと妖しの間で起こる事件、終幕には誰も予想し得ない真実が…!明治29年を舞台にした話なので、その時代の様子がよくわかります。教科書ではけして語られないこともあるので面白いです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「陰日向に咲く」劇団ひとり/幻冬舎

桜城(8冊目/評価4)
この小説は5つの短編で構成されている。どれも違う文体、雰囲気で書かれているのに、どれもが互いにリンクしている。初めは、「所詮芸能人が書いたもの。お手並み拝見だ」と思って読み始めたのに、甘かった。テンポが良くておもしろいので次のページにさくさく進むし、山があってオチもある。泣ける所もちゃんとある。お手並み拝見どころではなく、ただただ圧倒された。まったく違う5つの物語がどこかで繋がりあっていることで、世界は互いにリンクしているとか。人は一人で生きているのではないことなどが表わしてある気がした。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

「野ブタをプロデュース」白岩玄/河出書房新社

空(2冊目/評価3)
昔はやっていた気がしましたが、私は全く知らなかったので読んでみました。活字の本を読んで初めて笑っちゃいそうになりました。まぁ私があんまり本を読んでないせいもありますが…。なんか最後の方はさみしい感じがしましたが、それ以外はとってもステキな話ですよ。是非読んでみてください。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。