2007年01月25日

「エミリー」嶽本野ばら/集英社

ゲラ(8冊目/評価4)
一遍一遍の作品が、きれいなイオで少しずつ、時には荒く紡ぎ出されているようだった。あまりにもその記事がきれいで他と色が違うので、驚き泣いてしまった。ノバランワールドニ引きずりこまれる最高の一品です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。