2007年01月26日

「死神の精度」伊坂幸太郎/文藝春秋

雇われ兵士(33冊目/評価5)
マイペースでちょっと天然気味、やっつけ仕事は嫌いだけどそれほど仕事に興味はなくて、ミュージックをこよなく愛する。そんな死神が出会った6つの物語が書かれた短篇集です。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。