2007年02月01日

「スノー・ドーム」アレックス・シアラー/求龍堂

とりうさぎ(13冊目/評価4)
実は、物語の冒頭を読んでいて、あまり面白くないと感じていました。けれど、それは最初だけで、いつの間にか物語の先を知りたくてページを捲っていました。悲しくもあり、どこか心温まるものでもあり、何より読み終わった後でも心の中で生き続ける物でした。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。