2007年02月02日

「月色光珠 黒士は白花を捧ぐ」岡篠名桜/コバルト文庫

とりうさぎ(14冊目/評価3)
中国ものとか中華ものが好きでよく読むのですが、この作品は主人公の女の子が、剣を使えて強いというのが印象的でした。あと、つらい過去を引きずりながら目の前を切り開く姿勢が良かったです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。