2007年02月06日

「海のふた」よしもとばなな/rocki'n on

えび子(16冊目/評価4)
よしもとばななさんの本は、命とか宇宙とか自然とか、すごく覆っているスケールが大きくて、それでも身の回りの細々とした感情もきちんと正確に表現していて、いつもすばらしいと思う。この本は特に、ばななさんの伝えたいことがぎっしりとダイレクトに詰まっていて、読んでいて苦しくなるくらいだった。今、全国の、もしかしたら世界中のあちこちでこういうことが起こっているのに、ばななさんのように危機感をもってちゃんと考えている人はそんなに多くなくて、この本をたくさんの人が読んで考えてくれたらいいなと思った。私もまだ考えが浅いと思った。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。