2005年11月18日

ALWAYS 三丁目の夕日

近頃あわただしい日々が続いていましたが、それもケジメがついてALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。原作の西岸良平さんの漫画は大好きです。ロクちゃんが女性ということも、母親役が薬師丸ひろ子というのも・・・鈴木オートの社長が昭和オヤジ的で元気がよすぎるというのも・・・ちょっとちょっと・・原作からはかなりかけ離れていましたが、それはそれで映画は映画なりのよさがありました。
どんな夕日を見せてくれるのかと期待しながら見てましたが、なかなか夕日のシーンがなくて、最後までは引っ張られたかなと。世代的には僕はズレていますが・・キャッチコピーの

「携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう」


は同感。携帯もパソコンもTVもなくても、楽しいンだよね。しばらく、そんなものから離れてみようかと思っちゃいました。「ホントの幸せとか豊かさってナンだろう?」って考えてるうちは・・暫らくは映画にもいかないかな・・・。

posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| 映画コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。