在学中に100冊の本を読もう

2020年06月11日

「淋しいおさかな」 別役実/PHP研究所

u-ko(12冊目/評価5)
この本は劇作家である著者NHKの幼児番組「おはなしこんにちは」のための22編の童話集である。中でもオススメしたいのが「猫貸し屋」だ。なんともいえない淋しさとあたたかさが詰まっている作品である。
posted by 島大生協 はせがわ at 10:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン/角川書店

よし(3冊目/評価3)
展開が次々と変化するので、続きが気になって一気に読んでしまいました。キリスト教の歴史などを学んでから、もう一度読み返してみたいです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

「海のふた」よしもとばなな/rocki'n on

えび子(16冊目/評価4)
よしもとばななさんの本は、命とか宇宙とか自然とか、すごく覆っているスケールが大きくて、それでも身の回りの細々とした感情もきちんと正確に表現していて、いつもすばらしいと思う。この本は特に、ばななさんの伝えたいことがぎっしりとダイレクトに詰まっていて、読んでいて苦しくなるくらいだった。今、全国の、もしかしたら世界中のあちこちでこういうことが起こっているのに、ばななさんのように危機感をもってちゃんと考えている人はそんなに多くなくて、この本をたくさんの人が読んで考えてくれたらいいなと思った。私もまだ考えが浅いと思った。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「月色光珠 天馬は暗夜を翔る」岡篠名桜/コバルト文庫

とりうさぎ(16冊目/評価 3)
これは3作目なのですが、1作目に出てくる人物の正体がわかり、それが意外で驚きました。2作目の伏線めいたところがあったのも良かったです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

「月色光珠 暁の野に君を想う」岡篠名桜/コバルト文庫

とりうさぎ(15冊目/評価2.5)
これは、このシリーズの2冊目ですが、1冊目と打って変わって主人公が弱弱しくなっている気がしました。女の子らしくなったというか、はかなさを感じました。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「貴婦人Aの蘇生」小川洋子/朝日新聞社

えび子(15冊目/評価2)
後半、あんなに胡散臭かったオハラがいい人になっていったのが意外で、嬉しかった。私は強迫性障害というものを知らなかったけど、この本で知ることが出来てよかった。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マルドゥック・スクランブル」沖方丁/早川書房

真島問丸(1冊目/評価4)
上中下巻にわたるSF小説「マルドック・スクランブル」。「日本SF大賞」を受賞した本作は、カジノシーンが熱い。どれくらい熱いかというと、1000ページくらいある本作の約1/3もあるのに、まったく中だるみしないで、カジノ以前の部分ってなんだったの?ってくらい。カジノの予備知識がなくても、SFだからこそ出来る勝負に加速度は上がる。カジノシーンだけでも読んでほしいと言いたいけど、全体あってこその場面ってことで、全部面白いです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

「月色光珠 黒士は白花を捧ぐ」岡篠名桜/コバルト文庫

とりうさぎ(14冊目/評価3)
中国ものとか中華ものが好きでよく読むのですが、この作品は主人公の女の子が、剣を使えて強いというのが印象的でした。あと、つらい過去を引きずりながら目の前を切り開く姿勢が良かったです。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

「いわゆるA級戦犯」小林よしのり/幻冬舎

むとうえりこ(2冊目/評価3)
第二次世界大戦後、28人の日本人がA級戦犯とされた。「A級戦犯」というのはそもそも誰なのか、何をした人なのか、また、どんな人だったのかと言うことが、マンガでわかりやすく描いてある。前総理大臣の小泉氏が靖国神社に行くたびにいろいろな意見があったが、その中でも問題だったのが、靖国神社に「A級戦犯」が合祀されていることであった。日本国内でも分祀したほうが良いのではないかと去年は言われていた。でも、この本を読んだらそんな考えはなくなると思う。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スノー・ドーム」アレックス・シアラー/求龍堂

とりうさぎ(13冊目/評価4)
実は、物語の冒頭を読んでいて、あまり面白くないと感じていました。けれど、それは最初だけで、いつの間にか物語の先を知りたくてページを捲っていました。悲しくもあり、どこか心温まるものでもあり、何より読み終わった後でも心の中で生き続ける物でした。
posted by 島大生協 はせがわ at 00:00| Comment(0) | 読書マラソンコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。